っていうか、現在人が観覧中。いらっさいませー。

催涙雨が降ったよね - 七夕 -

日記 | Comment : 0 | 2008.07.07.Mon @ 5:39 PM

ヤーマン!

本日は「七夕」ってことで、「七夕」を調べてみた。
改まって調べた事がなかったし、「七夕の伝説」はよく知らない。
織姫とひこ星ってのが一年に一回うんたらはーって感じ?

七夕 - Wikipedia

あぁ~、「七夕」って日本の五節句の一つなのか。

節句 - Wikipedia

「重陽(ちょうよう) 」っていうのは一体…。

っていうか、あたし、幼少期に親のゴタゴタでいろいろあって、記憶が乏しいんだよね。たぶんだけど、嫌な事と一緒にすっかり忘れちゃってんだと思う。ある時期から思い出せないって気持ち悪くない?医者が使わないあたしのカルテには「記憶喪失」って書かれてるはずだ。
だから、節句を祝ってもらった事とかも記憶が全くない。写真すら見たことねぇーの。

ただ、「七夕」の時期、幼稚園で短冊に何か書いたとか薄っすらと記憶にあるみたいで、うちの家の前にある商店街がこの時期総出で取り組む短冊飾り *1 を見ると、昔の記憶がボヤーっとしてくる。なんとも言えないブルーな気分になったりしながら、短冊飾りを見上げて、「子供って無垢でいいよなぁ」って思う。

「仮面ライダーになりたい」

短冊にそう書いてあって、人型とは思えないイラストが付いてたりする。なんなんだ、そのエイリアンは。

[編集] 織女星と牽牛星の伝説
【説話】
こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られている。織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである。夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、2人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ会うことを許されていた。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず牽牛も彼女に会うことができない。その時は、二人を哀れんでどこからか無数のカササギがやってきて、天の川に自分の体で橋を架けてくれるという。星の逢引であることから、七夕には星あい (星合い、星合) という別名がある。また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。

あたしの通ってた小学校は、毎週木曜日の朝、「全校集会」というのが行われていた。月曜日の「全校朝礼」 *2 とは違って、集会委員会が行事を取り仕切る。集会委員会は1クラスに2名、高学年生で組織(っていうと妙だけど)されて、普段は「なわとび大会」「竹馬大会」「マラソン大会」「運動会」等の恒例行事に向けた練習をやったりしてた。

七夕の時期は、決まって「織姫と彦星」の演劇。小学生が演じるレベルだから、毎年グダグダで見るも無残なんだけど、集会委員だった6年生のあたしがなぜか「ひこ星」を演じる事になった *3 ………っと嫌な記憶は忘れてしまおう。デリート。

んで、劇に参加した事があるのに、よく物語を覚えてない。「彦星」って夏彦星とか牽牛とか言うのか(牽牛が読めねぇーよ)。

めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。

夫婦生活が楽しく

ウケるな、この二人。何してサボってたんだよっていう、もう大人だからそこら辺は想像出来ちゃうってもんで、まぁ、牛飼いが皇族の娘に手を出したっていうんだから、結婚の前に引き裂かれそうになる!っていうのが王道じゃん。そんでもって、紆余曲折を繰り返して、はい!主人公に病気発覚!ガーン!お亡くなり………エンドロール~~、まさにムカつく韓国ドラマ *4 。そんなレベルの話なら、あたし向きなのになぁ。

このため天帝は怒り、2人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ会うことを許されていた。

仕事サボってんだから、怒られちゃうよ、そりゃぁ。
だけど、この天帝ってのも娘には甘いのかね。
1年に1度ならいいぞって、中途半端じゃないかよ。
あたしには全然素敵な話に見えてこないよ。

だ~け~ど~

今日、雨が降ったでしょ?あたしの周りだけかもしれないけど。降ったんだよ、雨がさ。

また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。

この聞きなれない「催涙雨」ってのには何?

「さいるいう」って読むらしい。織姫と彦星の流す涙らしいんだよね。で、会えなくて悲しくて泣いてんの?会えて嬉しくて泣いてんの?どっちなんだよ。

しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず牽牛も彼女に会うことができない。その時は、二人を哀れんでどこからか無数のカササギがやってきて、天の川に自分の体で橋を架けてくれるという。星の逢引であることから、七夕には星あい (星合い、星合) という別名がある。

ん~物語的には…天の川の水かさが増しちゃって、会えないから泣いてんのか?それが地上に雨を降らせてる?そんでもって、それじゃあんまりだろっていうお人よしのカササギが、自らを挺して二人を引き合わせるのか?会えた事で泣いてたら、毎年雨だもんね。ドラマがあるのか、ちょっと関心。

佐田玲子~七夕の月・2003~

おぉ、書いてある書いてある。

MC2
 栃木放送の「ひとりじゃないよ」の収録で宇都宮を訪れてたまたま一人だった(マネージャーが一緒でなかった)時に、宇都宮市内を循環している“黄ぶなバス”に乗った。車内では“黄ぶな”の由来を紹介する音声案内が流れている。繰り返し流されるので、覚えてしまうと宇都宮で暮らしている人は是非乗ってみるように(笑)。
 七夕に関して、新聞のコラム(読売新聞「編集手帳」)にあった話題として、「洗車雨」と「催涙雨」の話。ともに俳句の季語で「洗車雨」は彦星が織姫に年に一度の逢瀬のために七夕の前日7月6日に車(牛車)を洗うために降る雨のことをいい、「催涙雨」は七夕当日に降る雨のことで、年に一度の逢瀬も叶えられなくなってしまう無情の雨を表現したものらしい。

ふむふむ、やっぱり会えないから泣いてんのか。なるほどねぇ~。

「洗車雨」っていうのも初めて聞いた。現代の車って思うと吹いちゃうけど、なかなかドラマっぽく作ってあるのね。

で、結局天の川の水かさが増してもだ、カササギのフォローのおかげで、結局会えるストーリーになってんのね。雨が降り続けても、お空の上では会えてるわけってことでしょ?

今日の雨は止んだし、やりまくってんのかなぁ。
一年ぶりだしなぁ。

うん、「七夕」の話、覚えた。

【風習】
『市中繁栄七夕祭』(名所江戸百景の一つ。歌川広重):江戸後期殆どの神事は、「夜明けの晩」(7月7日午前1時頃)に行うことが常であり、祭は7月6日の夜から7月7日の早朝の間に行われる。午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもある。
全国的には、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われている。短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもので、日本以外では見られない。「たなばたさま」の楽曲にある五色の短冊の五色は、五行説にあてはめた五色で、緑・紅・黄・白・黒をいう。中国では五色の短冊ではなく、五色の糸をつるす。さらに、上記乞巧奠は技芸の上達を祈る祭であるために、短冊に書いてご利益のある願い事は芸事であるとされる。

ふむふむ。

地域によっては雨乞いや虫送りの行事と融合したものが見られる。
北海道では七夕の日に「ローソクもらい(ローソク出せ)」という子供たちの行事が行われる。
近年の台湾では、バレンタインデーと同様に男女がプレゼントを交換する日とされている。
他方、商店街などのイベントとしての「七夕まつり」は、一般的に昼間に華麗な七夕飾りを通りに並べ、観光客や買い物客を呼び込む装置として利用されており、上記のような夜間の風習や神事などをあまり重視していないことが多い。

台湾のイベントはめんどくさいなぁ。バレンタインだってめんどくさいんだからさ。
っていうか、ついでだから北海道人に「クソガキにローソクもらいやってやりたいが」って入れたら、「え?」みたいなメールが来た。知らねーんじゃん、バカにしようと思ったのにあたしが恥かいたYO!!
(この後、「なんだ、お菓子配るやつか」「子供じゃないし」とかいうメールが届くが、もう興ざめしてたとこ。)

おまけ:以上の事を踏まえると、なんだかなぁーに思えるランキング
“彦星”“織姫”のイメージ、1位は「玉木宏」と「宮崎あおい」 オリコンランキング
たしかにカッコいいけど違うんでね?

“織姫”1位は、現在NHK大河ドラマ『篤姫』で主演を務めている【宮崎あおい】。ドラマの影響から「大河を見ていると、着物が似合って可愛くて(イメージに)合う感じがしました」(千葉県/30代/女性)との声が多数寄せられ「彦星を待つ儚げなイメージが合うので」(東京都/専門・大学生/男性)など、彼女の持つ雰囲気が織姫にリンクするという意見も見られた。
彦星2位は、歌手で俳優の【小池徹平】。「色が白くて着物も似合うし、ちゃんと毎年織姫を待っていそうだから」(高知県/中・高校生/女性)、「純真さが合う」(大阪府/20代社会人/女性)というように、姫を思う一途な姿と彼の印象がピッタリのようだ。続く3位は、俳優の【妻夫木聡】で、「天の川が荒れていても、年1回の約束を絶対果たしてくれそうだから」(大分県/30代/女性)と、彼のもつ男らしさから連想したというコメントが目立った。

へへへ、元々は働き者だったようだけど、織姫と結婚後は怠惰な人物になるんだよ。皆さん、それを踏まえて小池君ですかー!!!

ラインキングはさておき、織姫と彦星の話に、みんなはいいイメージを持ってるんだねぇ。
全然違いますよー。

【→もっといろいろ読む】




[ Facebook いいね!]と「Facebook 送る」
長らく「WEB拍手」を設置してきましたが、facebookの「いいね」を設置することにしました。
お褒めでも苦情でも、何でも受け付けているので今後もよろしくお願いします。
尚、「WEB拍手」の方も愛着があるので、
見栄えは悪いですがしばらくこのまま残しておこうと思っています。
[ WEB拍手 ]
WEB拍手 今回はどーでしたか?面白かったり、何か一言あったら押してみてくださいな。WEB拍手
いつも「拍手」ありがとうです。けど、「WEB拍手」には返事が書けません。あくまで「拍手」、あしからず。
記事に対してのコメントは右のフォームよりお願いします。トップページのメニューには掲示板も用意してます。
(*「WEB拍手」は稼動してます)
以下、注釈説明。

天井のあるアーケード商店街が延々と続くあたしんちの前の道。イベントになると商店街が総出で飾り付けをする。

校長先生の話が長いイメージのアレ。夏場近くなると貧血で倒れたりする子もいるアレ。

演出に口を出したりした記憶はあるんだけど…SHIT!!!

「天国の階段」は人の運命をいじりすぎです(笑)チョンソー。えぇ、泣きましたよ、悪いんですか?

コメント数:0
『催涙雨が降ったよね - 七夕 -』へのコメントはまだありません。
右のフォーム(スクロールに付いてくる右のヤツ)より気軽にどうぞ。
「POST」を押してから、反映には時間がかかる場合があります。
間違えて連続投稿しちゃっても、気にしないでくーださい。
内緒で応援してくれる方は、WEB拍手 「WEB拍手」WEB拍手でお願いします。
ドラゴンボールZ×ワンピース DX組立式フィギュア、他にもいろいろ このページの先頭へ戻る 買い物メモ
お気に入りに登録 RSS



まだありません。気楽にどーぞ。
項目を記憶 | 返答を通知
[+] [Top100]Page Ranking

[1つ前の記事]
ドラゴンボールZ×ワンピース DX組立式フィギュア、他にもいろいろ
[1つ新しい記事]
買い物メモ