っていうか、現在人が観覧中。いらっさいませー。

12月最初の週末

日記 | Comment : 2 | 2006.12.10.Sun @ 1:08 PM

週末の金曜日。休みの前日。朝まで飲めるフライデー。
参加者、MB a.k.a 万年厄年、水玉 a.k.a 女版MB。会場、あたしんち。

20061208215605.jpg「いくらのスパゲティ」

隣の魚屋に行ったら、「いくら」と「(刺身用)ぶり」「刺身三点盛」が安かった。つまみをいろいろ作るつもりでいたけど、今日はアレとアレとアレ・・・みたいな感じでレシピをイメージ。

スパゲティは麺を茹でて、キャベツを炒めて、黒コショウをちょっと強めに振って、茹でた麺とキャベツを一緒にしたら、皿に盛って、「いくら」を1パックぶち込む。「いくら」の塩加減で食べるように塩は振らず。

MB曰く、「(麺は茹でたら炒めずに)オリーブオイルと混ぜるだけでいいんじゃないのか」

なるほど。そうすれば良かったのかも。久しぶりにMBから助言をもらう。彼女が料理上手だと、口うるさい野郎の知識も増すらしい。

写真を見て、かなりムチャクチャな料理だと思ってくれる人は、結構料理をしてる人じゃないかと思う。我ながらムチャクチャだなって思った。けど、一度食べてみたら美味しかったからやってみたかったんだよね。


20061208221504.jpg刺身用の「ぶり」をニンニクオイルで半焼きする。「かつをのたたき」みたいな感じ。それを切って皿に盛り付け。皿にはベリーリーフ、大根のつま、きゅうり、ミョウガ。ブリを持ったら、シソ、ネギを振りかけて、「かけぽん」をぶっかける。サラダ風になるから、ブリを半焼きするだけだし、ぜひ試してほしい料理だったりする。レタスやキャベツにだって絶対あう。ニンニクが好きな人は、ニンニクをすってポン酢に入れ、それをこれにぶっかけるとGood!! ゴマドレッシングもしょうが醤油もいいと思う。
で、あたしは今更だけど、この料理は安い「カジキ」とか「サバ」とか、焼き魚として焼いた後から身をほぐして、同じように食べてもいいんだって気がついた。

男のイタリアン
487303325X

MB
「俺らのおかげで、洒落てきたな。」

MBと水玉んからは誕生日プレゼントに料理本をもらった。ふん、えらそーに。

MB
「俺もそろそろ(料理を)やろうと思う。(キッチンに)立とうと思う。」

そう言って、何度も挑戦してきては挫折の繰り返し。また挑戦する気になってきたらしい。彼女が余りに簡単に作るもんだから、自分でも出来るんじゃないのかって思ってる?わけないよなぁ。しかし、あたしはいつもみんなに言っているように、何でも失敗の繰り返しで物事は覚えていくから、まずは気持ちが大事ってことで、どんどん挑戦してもらいたい。

MBの言うところによると、いろいろ作るのではなくて、一品だけ、MBならこれ!ってのを作りたいらしい。

MB
「例えば・・・もつ煮とか」

もつ煮・・・あたしは笑いをこらえた。

・・・ ・・・

・・・

―MBの料理挑戦

高校生の頃、年に一回だか二回だか、My men だれす氏の家でホームパーティーを開くイベントがあって、それに1~2回参加したことがある。このイベント、一人一品、何かを作ってもってくる、またはそこで何か作るっていうホームパーティーっぽいルールがあって、あたしの料理の腕って言ったら不評だった「野菜炒め」しか作れなかったから、My men キューピーちゃんに「手巻き寿司」を作らせた。作らせたっていうか、あたしは材料を調達してきて、キューピーがご飯を炊いたりするって感じ。その時は何かに挑戦して失敗するより、手軽に終わらせちゃっていいと思ってた。

だれすは当時からバイト先で包丁を握ってただけあって、自分の家ってのもあって気合が入ってた。あたしが参加した時に作ってくれた、「牛タン」を鍋に敷き詰めた塩の中にいれて蒸した(ようするに塩釜?)肉料理の味が忘れられない。まじでうまかった。

そんで、MBはあたしが参加した時、「こてっちゃん」を炒めた。

その日、MBのおじいちゃんが危篤。えぇ!なぜこの日に!!って当時も思ったけど、笑うに笑えなかった。(笑った気もするけど)。その事があって、イベント開始からだいぶ経ってからだれすの家に来た。そこから「こてっちゃん」を炒めだす。あたしは初めてMBの料理を食べるんで、ちょっと気になっていたから、出てくるのをテーブルの脇で待ってた。「こてっちゃん」ならどうやっても失敗しない。

出来た・・・

ぎゃー、すげぇー大盛りー。ぎゃー。
「こてっちゃん」しかないけど、大盛りー。キモーイ。

MB
「食べるって言ったろ(怒面)」

あたしが参加した時、あたしの他に男女7~8名くらいいた。
だけど、みんなお腹が一杯でMBの「こてっちゃん」に見向きもせず・・・

あたし
「こんなに作るかよっ」

MB
「文句言うなよ」

炒めただけで食べれる「こてっちゃん」。お腹一杯なみんなに「おいしい」って言ってらえるわけもなく、怒り心頭のMBをあたしはじっと見てた。そもそも(MBの口癖)イベントの途中からやってきて、周りとテンションが合うわけない。高校生ノリは特に。おじいちゃんの危篤、大盛りの「こてっちゃん」・・・思い出す度にギャーハハハ。

ギャーハハハ・・・アァァ~ァ あいつ、なんで料理したがるんだろ・・・

あたしが「こてっちゃん」でこんなに笑えるのには訳がある。あいつ、前回は「から揚げ」を作ったらしい。初披露した「から揚げ」。油びちょびちょ、凄惨な「から揚げ」だったみたいで、だれすに散々バカにされていた。だから、簡単な「こてっちゃん」を選んだと思う。だけど、途中参加、しかもお腹一杯の奴らに振舞う「こてっちゃん」。こういう奴っているんだよなぁ。あー、腹痛し。

一人暮らしを始めた時も、スパゲティに挑戦したって言ってた。住んだ部屋は調理するスペースも少ないし、ガス台が一個しかないキッチン。スパゲティをやるのは大変(全然出来るんだけど。)、諦めたって言ってた。
それから1~2年後、MBの家でみんなとワールドカップ観戦した時、ハーフタイム中にスパゲティを作ってくれた。酔っ払っいの勢いで作ったから、麺が鍋から飛び出て着火しちゃって焦げてるし、麺を茹でた後からソースを温めたため、その間に麺が延びて「きしめん」みたいになるし、麺とソースの割合があってないから薄味。焦げてる時点で

「なんか焦げ臭くない?」

って感じの事は話題になってたけど、テレビのワールドカップにみんな夢中。出てきた「きしめん」を毒見するかのように食べたガラゴンが印象的。

これ以外にもいろいろMBの料理挑戦話はあるんだけど、またの機会に。

・・・ ・・・

・・・

―金曜日

MB
「例えば・・・もつ煮とか」

・・・もつ=「こてっちゃん」じゃん・・・アハハハ、と心で思う。

あたし
「いいんじゃないの。やってみれば。」

MB
「こてっちゃんだよな。」

あたし
「あははは、言わないでおいたのに。」

―今日から明日へ日付が変わる。

MB
「おい、来週はカーリングで酒を飲むぞ。カーリング飲み。チーム青森とチーム長野がやるんだ。」

あたし
「あっ!そう言えば世界大会(先に日本代表決定戦。その放送の事をMBは言っている。)あるんだよね。そっかぁ、じゃぁ、予定を空けておくよ。」

NHK衛星第一 Gコード(85317524)
19:10 世界女子カーリング選手権大会日本代表チーム選考会 「チーム青森×チーム長野」(録画)(中断)

ふむふむ、録画かぁ。

MB
「録画は面白くない。」

カーリングは録画だとリード・セカンド(最初にストーンを放る人達)が編集でカットされてたりする。ひどい場合だと試合が大幅にカットされてる。それじゃ試合の流れはつかめない。最初から最後まで見ないとカーリングは面白くない。これはオリンピックで覚えた事。っていうか、カーリング人気はまだあんのかね。久しぶりにMBとカーリング談義をしたら、用語をすっかり忘れていたことに気がついた。これは来週までに復習しておかなきゃだ。

カーリング - Wikipedia

来週見る試合は、(たぶん)世界大会の切符をかけた試合になる。あたしとMBは、次の世界大会が日本でやることを知っていたから、前々からこれを見ようと話してた。トリノオリンピックで大活躍したチーム青森は、チームの要だった林選手と小野寺選手が引退。マリリンこと本橋選手がチームの顔として頑張ったり、新メンバーとして山浦選手を迎えた模様。トリノ後のカーリング・フィーバーはどこ吹く風で、競技人口もあまり伸びず観客数も激減(元の状態に戻っただけだけど)してるらしい。流行で終わって欲しくないし、トリノで応援した縁もあるから、ぜひチーム青森に勝ってもらいたい。カーリングはしっかり見れば面白い!

チーム青森

こちらはチーム青森と世界大会出場を争うライバル・チーム。
チーム長野

で、来年の三月、これを見ながらカーリング飲み三昧予定!
スウェーデン、スイス、カナダ、ノルウェー等々、トリノの上位チームはどこも面白いですにょーん。
カーリング世界大会

来週は土曜日にK子と「チゲ鍋」を予定しているので、日曜日のカーリング飲みは余ったダシで「チゲ鍋」となる予定。MBを接待したい女子の方、ぜひ参加を〜。

【→もっといろいろ読む】




[ Facebook いいね!]と「Facebook 送る」
長らく「WEB拍手」を設置してきましたが、facebookの「いいね」を設置することにしました。
お褒めでも苦情でも、何でも受け付けているので今後もよろしくお願いします。
尚、「WEB拍手」の方も愛着があるので、
見栄えは悪いですがしばらくこのまま残しておこうと思っています。
[ WEB拍手 ]
WEB拍手 今回はどーでしたか?面白かったり、何か一言あったら押してみてくださいな。WEB拍手
いつも「拍手」ありがとうです。けど、「WEB拍手」には返事が書けません。あくまで「拍手」、あしからず。
記事に対してのコメントは右のフォームよりお願いします。トップページのメニューには掲示板も用意してます。
(*「WEB拍手」は稼動してます)
コメント数:2
ヒロト
[1]2006.12.14.Thu @ 2:03 AM | [RES]

僕も半年ぐらい前から料理をはじめまして、陰ながらomikaサンの写真とか解説?を
「へぇー」「そうかぁ」「うまそぉーー」「やってみよう」とかパソコンの前でブツブツ考えながら見てます。

遠く名古屋で今年の秋は秋刀魚を沢山食べましたw
うちは魚を焼くグリルのないガスコンロなので、その道具(ガスコンロに乗せて焼くタイプのです)を買うことからはじめましたw

それとキッチンの写真をみて道具の多さに驚きました。僕はまだそんなに沢山の道具を使うほど凝ったものは作れないので・・・。

あと、エゴをずっと見てきて料理の写真を見るたびにいつも思うのが、「盛り付けも食器も大事だな」てことです。

これからも(こそこそとw)参考にさせて頂きますW

omika
[2]2006.12.15.Fri @ 1:04 PM | [RES]

>>1 ヒロトさん

どんも。沢山のコメント、励みになります。ありがとうです。

>omikaサンの写真とか解説?

あっ・・・あれでも一応解説ですw

>「やってみよう」とか

あたしの食いしん坊が伝わったと思っていいですよね?作るのはいいんだけど、あたしみたいに太らないでくださいねw税金二倍払えって言われちゃうし。

>魚を焼くグリル

そうだ!グリルだ!!

って何の事かというと、あたしさ、この単語が出てこなかったのねwぎゃは
バイトしてた居酒屋では「リンナイ」って名前でさ、それってメーカー名なんだけど、なぜか「リンナイを掃除しとけ」とか言われてたの。だから、グリルがわかってもリンナイしか出てこない。それを書いてもわかってもらえないから、リンナイすら書けなかったんだよなぁ。

>その道具

なんだ、グリルがわかるのに、そっちはあたし風な表現だなぁw
普通に「焼き網」でいいじゃないですの。

>キッチンの写真をみて道具の多さに驚きました

あたしは形や格好から入るタイプです。使わない道具、結構たまりました。こんな無駄をするなら、丈夫でかっこいいフライパンを買うべきだなっていつも思ってます。フライパンを買おうって思う事が普通なのか、そうじゃないのかはまた別の話で。

>凝ったものは作れないので・・・。

あたしだってまだまだですって。凝ってるっていうか、変なこだわりがあるだけみたいな。

>盛り付けも食器も大事だな

盛りはたしかに気にしてます。テレビや雑誌で覚えたのを実践してるんですけどね。盛りを考えて考え作ると楽しいです。あそこに何を置こう、とか。

食器、うちはほぼ全部が「100均」で揃えてます。

>こそこそとw

これだけ書いてくれる人は絶対に合わない表現。ぴーす。

「硫黄島からの手紙」米アカデミー賞前哨戦で最優秀作品賞 このページの先頭へ戻る 12月最初の週末 その2
お気に入りに登録 RSS



ヒロトさん / omikaさん /
項目を記憶 | 返答を通知
[+] [Top100]Page Ranking

[1つ前の記事]
「硫黄島からの手紙」米アカデミー賞前哨戦で最優秀作品賞
[1つ新しい記事]
12月最初の週末 その2