っていうか、現在人が観覧中。いらっさいませー。

まらからもらったタラバガニ

日記 | Comment : 0 | 2005.03.22.Tue @ 7:33 PM

まらが北海道のお土産で送ってくれたタラバガニ。北のお国対策だと言われている日本の政策に蟹業者はやられちゃってるってのに、高い物をわざわざどーもです。明日はさっそくK子に食わせてみます。

あぁ〜、まらにはわかっちゃうかな?この写真ね、左足が一本ないでしょ?うん、発泡スチロールの箱を開けたらて蟹を見た瞬間、

ポキッ

っと食べちゃいました。なは

もぉ〜〜、まらったら、こんなにいいもんを。センキュー、センキュー、センキュー


でもね、まら。

うちのK子。蟹を綺麗に食べれないんだって。蟹はむいてもらわないとダメなんだって。だからさ、あたしゃ、明日は蟹バサミのおじさんになるだぁ〜よ。

2005.03.22 
まらまいや Presents
 「タラバガニを一匹食べてみようの巻き」

なんてタイトルをつけてだよ、明日はペチャペチャ食べるよ。

ちなみに、食べ方はこんな感じ。

ハサミで殻を取ってやり、そのまま頂く。
または、
フレークにして「茶碗蒸し」 「カニたま(あん付き)」
本体は叩いてダシにする予定。
オーブンがあればなぁ、焼きタラバが出来るんだけどさ。

ネットって便利よねぇ〜、探せばいくらでも楽しめるよ。あ、具がたりねぇ〜ってくらい出てきちゃったぞ。。。

タラバガニの食べ方

本タラバガニの食べ方 タラバガニの食べ方 メスタラバの食べ方

5.
胴体の部分は真ん中に切れ目を入れて真っ二つにした方が良いです。胴体と足の付根の部分は「ダキ肉」と呼ばれ蟹がもっとも使う筋肉なので美味しいです


タラバガニのおいしい食べ方

一番使われている筋肉だっつー「ダキ肉」はしっかり食べよう。ん〜、三倍酢か、わさび醤油も用意しよう。レモンもかな。食べる前に疲れちゃいそうだ。それでもカニで良かったよ。隣街の子が以前、「あんこう」をもらった時、相談されて大変だった…しかも当日に聞くんだもん。仕込みしないと「あんこう」は食べきれないって。つーか、女子に「あんこう」なんて一匹送るなよ!カニでもこの騒ぎなんだからさ。

調べてみると、名称などもわかってきますた。カニ自体は、深くねぇ〜(w)
カニの食べれない部分を「ガニ」っていうのね。うちのK子だったら、絶対に「ビラビラ」って言うだろうなぁ。下品な子だことface07.gif

食べ方はもう、探すのやめよう。
お腹が減ってきちゃって、冷蔵庫のカニに手をつけそうだ。

カニと蟹(かに)

カニ(蟹)
カニは、脱皮を繰り返すことによって大きく成長していきます。この成長度に応じて、カニの呼び方が変化します。堅ガニ、若ガニ、水ガニなどの呼び方があります。堅ガニとは、甲羅が堅くなったカニで最も商品として価値のあるカニです。これらはさらに身入り、みそ入り状態によって分けられます。若ガニとは、脱皮して甲羅がまだ堅くなっていないカニで、堅ガニに比べ、身入りが低かったり、みそが少ないので、価格に大きな差が生まれています。水ガニとは、脱皮してまだ間もなく、甲羅が柔らかく、身入りが若ガニに比べても低く、姿のままでは商品になりません。

こんな感じで、まらまいや、センキューでした。

【→もっといろいろ読む】




[ Facebook いいね!]と「Facebook 送る」
長らく「WEB拍手」を設置してきましたが、facebookの「いいね」を設置することにしました。
お褒めでも苦情でも、何でも受け付けているので今後もよろしくお願いします。
尚、「WEB拍手」の方も愛着があるので、
見栄えは悪いですがしばらくこのまま残しておこうと思っています。
[ WEB拍手 ]
WEB拍手 今回はどーでしたか?面白かったり、何か一言あったら押してみてくださいな。WEB拍手
いつも「拍手」ありがとうです。けど、「WEB拍手」には返事が書けません。あくまで「拍手」、あしからず。
記事に対してのコメントは右のフォームよりお願いします。トップページのメニューには掲示板も用意してます。
(*「WEB拍手」は稼動してます)
コメント数:0
『まらからもらったタラバガニ』へのコメントはまだありません。
右のフォーム(スクロールに付いてくる右のヤツ)より気軽にどうぞ。
「POST」を押してから、反映には時間がかかる場合があります。
間違えて連続投稿しちゃっても、気にしないでくーださい。
内緒で応援してくれる方は、WEB拍手 「WEB拍手」WEB拍手でお願いします。
第44回東京国際ボートショー(4) このページの先頭へ戻る カニを食べよう その1
お気に入りに登録 RSS



まだありません。気楽にどーぞ。
項目を記憶 | 返答を通知
[+] [Top100]Page Ranking

[1つ前の記事]
第44回東京国際ボートショー(4)
[1つ新しい記事]
カニを食べよう その1