っていうか、現在人が観覧中。いらっさいませー。

第39回東京モーターショー【前編】

日記 | Comment : 0 | 2005.11.01.Tue @ 3:03 PM

日曜日、東京モーターショーに行ってきました。
先に総評を書くと、、、

あたしは車に興味が薄いため、
どこのメーカーのどの車種だってことが95~98%わからない。
「男の人なのに珍しいね」
だとか、
「パソコン好きだからメカ好きなのかと思った」
だとか、勝手にメカ好きにされたりするけど、
あたしは車の事がほとんどわからない。
自分んちの車が新しくなって、さぁ乗ってみるかとなった時、
サイドミラーがどうやって開くのかがわからず苦戦、
ガソリン入れるのも、MBに連絡を入れたくらい。

だから、

そんな車に無知なあたしが、
モーターショーに何を期待して行くのかって事なんだけど・・・

あたしはね、近未来のモデルを毎年楽しみにしてる。
つまり、モーターショーで言うところの「コンセプトカー」。

あ、そっか、「メカ好きなのに」ってのが
微妙にあっているのかも、なんて思えてきた。
バックトゥーザフューチャーのデロリアンだとか、車じゃないけど、サイボーグだとかアンドロイドだとかロボットだとかモビルスーツだとか、そういう類のハイテクマシーンが大好きなわけで、「コンセプトカー」ってのは夢があってとても好き。

だけど、

今年のモデルは実用的なっていうのか、市販に近い形の物が多かった。
だから、あり得ない場所にあり得ない物があったりする車が少なくガッカリ。
っていうか、明らかにショー全体のテンションが低い。
バックミュージックも、テンションが高めのアナウンスも少なく、
しっとりじっくりって印象がとっても強かった。
これはカスタムカーの展示会「オートサロン」の派手めな演出と
展示品の数々を想像しちゃっているせいかのかと思ったら、
一緒に行ったMBもガラゴンも「大人しい」印象を受けたようで、
あたしの読みもおかしな物じゃなかったみたい。
車種とかエンジンとかがわからないあたしは、
車ヲタ話を楽しむ二人が羨ましい反面、
市販車を見ても全然つまんなーいとばかりに
キャンギャルを舐めるように見たりした。
後、普段は下ネタを話さないあたしも
ガラゴンの変態トークに押されて、
まんまと下品なトークを繰り出すはめになった。
これは書けないけど、ひどすぎた…

あたしはガッカリした面が多かったけど、
少ない知識を引き出しから引っ張りだして、
目玉のブースの人をかき分けて、ハイテクマシンを楽しんだ。
モーターショーの会場は人で溢れて
景気が悪い世の中を感じさせなかった。

さて、

前日は1時前まで飲んでしまい、体内のアルコールを感じつつ起床。

起きた

My men MBに連絡、送信ポチっとな。

「すまん 10時30分で」

あたしよりも先に帰ったくせに、なぜ遅刻を・・・
しかし、彼は元々遅刻魔だったから、全然気にならない。
シャワーして、髪の毛セット。テレビのスイッチもポチっと。
あ!サンデージャポンがやってる。そうか、今日は日曜日だもんね。
普段は仕事の日曜日、今日は朝からお出かけだから、なんとなく幸せ。

MBがうちに到着。バイクを二ケツで幕張メッセへGO。

久しぶりに乗るバイクの後ろ、高速をかっ飛ばして行くから怖い怖い。
手を離したらどれくらい痛いのかなぁ~って何度も思った *1

今日はMBとガラゴンと、三人で会場を回る約束だったけど、
せっかくの休みだし、午前中に仕事なガラゴンは置いていって
先に少し見てしまおう事にした。ガラゴン、ごめんねw
なぜかっていうと、夕方からはMy men だれすの店でパーティーがあって
見れる時間も決まっているから、ちゃっちゃとね、うん。
ガラゴンが来る前に会場の下調べも兼ねて、見たいブースを決めてしまおうって感じ。

幕張メッセに到着。駐車を待つ車の渋滞。会場へ向かう人、人、人。
東ゲートからチケットを買って中に。
午前中だからか、チケット売り場付近は全く混雑はなし。
さっそく会場に行ってみる。やっぱり中は凄い人だかりだった。

最初のブースはBMW。うん、高級感がたまりません。
だけど、前に見たような形だったし、MBも見たい様子ではないのでスルー。
とりあえずはざくっと全体を見ちゃおう!と言うことでガンガン進む。

お!!

最初にヒットしたのはMINIのブース。
コンセプトカーが最高!

「ミニ」

うん、シティーハンターでしょ?w

「やっぱりヲタクなんだなぁ。アニメでわかるってのが」

ま、そんな程度だってのはわかってるし、どんどん進む。
ていうか、やっぱりあたしは車に興味がないんだなぁって思うわけですよ。
何を見たのかを上手に思い出してかけない。
だから、ここからは写真に向かってコメントします。
車種とかわからないので、勝手に判断して下さいw
それといきなりガラゴンが登場するけど、それは彼と合流してからの話。
MBと2時間ほど回って、午後二時にはガラゴンとも合流。

MB曰く「サンショウウオ」みたいなMAZDAのコンセプトカー「先駆」。
サイドミラーが無かったして、これぞまさに未来形w
車内は赤を基調に統一され、かっこいいデザインだった。

「先駆」はケツも特徴的。

マツダってやるじゃんwとか思っていたら、ガラゴンが「ロータリーエンジンってのは」とマツダの技術を丁寧に教えてくれた。でも、もうほとんど忘れたw その時は「へぇ」と思ったんだよなぁ。たしか、マツダが日本で初めてル・マンを制したって話で、それ以降、ル・マンじゃロータリーエンジンの使用が禁止になった、なんて話だったような…マツダブースでの事じゃなかったか?

ん~、でもロータリーエンジンの説明を聞きつつ、このおねーさんを見つつ、進んでいったような気がする。。。

っていうか、カメラを首からぶら下げて、写真を撮っていたあたしなんだけど、このおねーさんを撮った時はさすがに恥ずかしかった(笑)ガラゴンとMBは、あたしを完全にカメラ小僧=カメコ扱い。ふん、いいんだ、いいんだ。


この日、あたしはBボーイファッションっていうか、そんな感じのラフなスタイルで、カメラがミスマッチ。二人に「変だ」「変だ」と言われまくり。

国産10番目のメーカー「MITSUOKA」の「Orochi」。これ見たさに集まった人がすごくて、ミツオカブースは帰る前まですごい盛況ぶりだった。値段は諭吉が2億人分

ひゃぁ~。

ガルウイング式のドアが開いて、中も見えるようになっていたんだけど、助手席の足下から中身が見えちゃってる…ハリボテ、最低じゃんwガラゴンもそこを指摘してました。

ちょっと下品なような気もする・・・

ミツオカブースには他にも前面グリルがかっこいい車が置いてあった。
たぶんそれも諭吉が1億人必要だと思う。。。
モーターショーじゃないとお目にかかれません。
豪華ヨットが買えちゃうYO

MBが「いつかは欲しい」って言っていた「RANG ROVER」。価格は諭吉が千二百人。ひゃぁ~~~。


高級感と重厚感がマッチしていて、文句無しのデザイン。

「ランボルギーニ」だっけなぁ、これ。ガルウイングって聞くと、それが車の名前かって思った時代が懐かしいなぁw この車、乗らないくせに何台も所有している金持ちを思い出しちゃう。車体が低いのは運転しづらそうだし、っていうか、あんな派手な車は運転したくねー。これはあたしが庶民だからなんだろか。

100_0033.jpg

いくらあたしが車を知らないって言っても、ベンツくらいは知ってるってもんで、ガラゴンと合流してまず向かったのがここ。しかも、あたしのお気に入り「SLR」が見れるっていうんでワクワク。

あぁ、やっぱりこれが一番好きだなぁ。色・デザイン、文句無し!


サイドもイカす!さっきの「オロチ」みたいに下品じゃないし。

何よりベンツのシルバー色ってのは素敵だ。よぉく見ると塗装の粒子が細かいし、べた塗りじゃないっていうか、高級感とか品格とか、うまく表現出来ないけどとにかく素敵。
BMWの「Mクーペ」だっけ?あれも良かったけど、「SLR」はかっこいいなぁ。

でもでも、

「SLR」がもし手に入ったとしても、あたしじゃ絶対に似合わないからさ、ミニでも乗って道路の脇をひっそり通るよw

ちなみに、ベンツは時計メーカー・スォッチとコラボレートした車も展示してました。

車を知らないあたしなんかは、スポーツカーっていうとフェラーリしか出てこない。

前日一緒に飲んだU平が

「フェラーリのエンジンを見てこい」

としつこく言っていたので、「美しいエンジン」を拝見しようとした。

けど、展示品からはエンジン部分が見えなくて、MBとU平批判w。
また適当な事を言ってくれちゃったもんだよ、まったくもぉw

この赤いフェラーリ、U平曰くエンジン部分は後ろにあって丸見えなんだそうな。
でも、その肝心のバックが見えないんだYO。
なので、パンフレットで我慢。っていうか、別にエンジンに興味無し。

これはどこに置いてあったんだっけなぁ。大きさを比べるのにMBがガムを出してるwガラゴンとMBはひどくてさぁ

「お前サイズw」
「これでいいじゃん」

とバカにするんだよ。ちょ、ちょっと待ってよ。この車は夢のオープンカーだけど、1人乗りじゃんwふざけんじゃないよ、孤独すぎるだろって。

ガラゴン曰く、この車は組み立て式なんだってさ。プラモデルは好きだけど、自分の車は出来上がった物を買いたいぜっての。勘弁してよ。

あ!ライムスターのラジオが始まっちゃう。
なので、更新はとりあえずここまで。
次は後半戦っていうか、残りの写真を・・・


じゃ、おやしみなさーい。

【→もっといろいろ読む】




[ Facebook いいね!]と「Facebook 送る」
長らく「WEB拍手」を設置してきましたが、facebookの「いいね」を設置することにしました。
お褒めでも苦情でも、何でも受け付けているので今後もよろしくお願いします。
尚、「WEB拍手」の方も愛着があるので、
見栄えは悪いですがしばらくこのまま残しておこうと思っています。
[ WEB拍手 ]
WEB拍手 今回はどーでしたか?面白かったり、何か一言あったら押してみてくださいな。WEB拍手
いつも「拍手」ありがとうです。けど、「WEB拍手」には返事が書けません。あくまで「拍手」、あしからず。
記事に対してのコメントは右のフォームよりお願いします。トップページのメニューには掲示板も用意してます。
(*「WEB拍手」は稼動してます)
以下、注釈説明。

車を運転してても思うんだけど、目の前のトラックの荷台の荷物が落ちてきたり、テロリストの集団の乗ったバンから撃たれたり、シューティングゲームの展開を想像してしまうゲーセン男の管理人。

コメント数:0
『第39回東京モーターショー【前編】』へのコメントはまだありません。
右のフォーム(スクロールに付いてくる右のヤツ)より気軽にどうぞ。
「POST」を押してから、反映には時間がかかる場合があります。
間違えて連続投稿しちゃっても、気にしないでくーださい。
内緒で応援してくれる方は、WEB拍手 「WEB拍手」WEB拍手でお願いします。
iPod風JOJO&ジョジョ関連サイト このページの先頭へ戻る 第39回東京モーターショー【後編】
お気に入りに登録 RSS



まだありません。気楽にどーぞ。
項目を記憶 | 返答を通知
[+] [Top100]Page Ranking

[1つ前の記事]
iPod風JOJO&ジョジョ関連サイト
[1つ新しい記事]
第39回東京モーターショー【後編】